このページの先頭

特許

甘藷飲料の製造方法(特許第2881565号)
紫イモから果汁を搾る方法の特許です。紫イモに含まれている繊維質と澱粉質を、それぞれ酵素を使って分解することで、機能性成分であるアントシアニンやポリフェノールを有効に搾り出すことができます。また、同時にオリゴ糖が生成しますので、さらに優れた飲料を作ることができます。
ソフトな中間水分食品の製造方法(特許第4078500号)
ソフトタイプのふりかけを簡便に製造する方法の特許です。乾燥させた海草などの原料を水戻しし、それに水飴(と調味料)を加えて浸透させます。水飴が浸透すると代わりに含まれていた水が放出されます。その水を取り除き、再び水飴を加えることで更に水を放出させます。これを繰り返すことで、水飴を含んだふっくらソフトで日持ちするふりかけができます。
鶏肉のほぐし装置(特許第4161214号)
バンバンジーや冷やし中華などのトッピングに使われる、細長くほぐした鶏肉を作る装置の特許です。ボイルした鶏肉の肉繊維を長く残すようにほぐす作業は、人手では大変手間が掛かります。サイレントカッターの刃を尖った形状にすることで、鶏肉の繊維に突き刺し引き剥がす効果が生み出され、短時間に製造できます。
日向夏を用いた柑橘香辛調味料(特開2007−236272)
日向夏の香りを相乗的に豊かにする方法の特許出願です。日向夏の香りはさわやかで秀逸ですが、調味料として使用するには穏やかです。柚子を隠し味に追加することで、日向夏の香りが相乗的に豊かに感じられ、フレッシュでさわやかな調味料を製造することができます。
肉食品の発色助剤(特開平10−215818)
赤色の食酢の製造方法(特開10−248551)
高カロテン含有有色甘藷入り味噌およびその製造方法(特開2000−189095)
アントシアニン含有有色甘藷入り味噌およびその製造方法(特開2001−190239)
安定化W/O/Wエマルション及びその製造方法(特開2003−164754)
新規な糖尿病予防・改善剤(特開2003−313195)
6-カフェオイルソホロースの製造方法(特開2005−263661)

商標

  • 肝康酢

    肝康酢
    (登録第4360290号)

  • これおいも!?

    これおいも!?
    (登録第4291094号
      :JA宮崎経済連)

  • 日向辛子

    日向辛子
    (登録第5030655号)