このページの先頭

開発研究室

調理食品、飲料、調味料などの研究開発を行う上で必要な物性(色、硬さ、粘度、水分、水分活性、糖度、pHなど)の測定を行う。

開発研究室[Photo]
開発研究室[Photo]

調理室

加工食品開発の基礎となる調理試験を行い、また調理実習室として活用する。試食室、官能検査室を併設する。

調理室[Photo]
調理室[Photo]

食品分析室

農畜産物の原料、各種食品の栄養成分、ビタミンなどの分析と理化学試験を実施する。

さらに遊離糖・有機酸などの呈味成分、機能性成分などの精密分析を行い、食品の有効性、安全性を追求する。

食品分析室[Photo]
食品分析室[Photo]

細菌検査室

一般生菌数、大腸菌、サルモネラ、ブドウ球菌その他嫌気性菌などの微生物検査を行う。

細菌検査室[Photo]
細菌検査室[Photo]

ミニプラント

ミニプラント[Photo]

開発成果を小規模スケールで製品化する製造試験室。

野菜、果実などの粉砕、搾汁、乾燥、造粒試験装置をはじめ、有効成分の抽出・分離・濃縮の各装置が設置されている。試作室を併設し加工食品の調味調合試験、食品の包装、保存試験などを行う。